当社について

温泉成分分析機関(20 東京都 温泉分析 第3号)として登録されており、経験豊富な温泉管理士5名を配し、本社東京支社北陸支社九州支社を中心に、全国営業所より迅速に各地の温泉源泉分析調査を実施しております。

なお、温泉事業所内の循環式浴槽におけるレジオネラ菌検査も行っております。(平成12年12/15付 生衛発第 1811 号同局長通知)

浴槽水等の水質検査は、循環式浴槽の形態によって定期的に行い、検査に関する書類は、3年以上保管しなければならない。
・毎日完全換水型:1年に1回以上
・連日使用型:1年以上2回以上
  (浴槽水の消毒が塩素消毒でない場合、1年に4回以上)

温泉に関する種々のご相談にも応じます。

 1.分析及び測定
 2.同一泉質の全国温泉地のご紹介(貴温泉の宣伝に使用)
 3.温泉に関する種々のご相談
 4.メンテナンス及び修理等全国業者の紹介(地元も含む)
 5.Webサイト「みんなでつくろうクラス会」への施設の無料掲載

業務内容について


                     (株)パイプ環境サービス     ドリコ株式会社

                        ドリコ株式会社


業務の流れついて



温泉法の改正(平成19年10月20日施行)により、温泉を利用している事業者は
温泉成分の定期的な分析(10年ごと)が義務付けられました。

温泉法(昭和二十三年七月十日法律第百二十五号)
    最終改正:平成二三年八月三〇日法律第一〇五号
<温泉の成分等の掲示>
第十八条 温泉を公共の浴用又は飲用に供する者は、施設内の見やすい場所
      に、環境省令で定めるところより、次に掲げる事項を提示しなけ
      れば、ならない。
      一 温泉成分
      二 禁忌症
      三 入浴又は飲用上の注意
      四 前三号に掲げるもののほか、入浴又は飲用上必要な情報
        として環境省で定めるもの
     2 前項の規定による掲示は、次条第一項の登録を受けた者
      (登録分析機関)の行う温泉成分分析(当該掲示のために行う
      温泉の成分についての分析及び検査をいう)の結果に基づいて
      しなければならない。

当社登録機関について 

温泉成分分析機関登録 : 20東京都 温泉分析 第3号

地質調査業業者登録  : 質24 第2367号


パンフレット作成のご提案について 


温泉管理士の紹介

環境保全㈱ 東京本社 担当地域(全国)

 担当者:石川 咲生(温泉管理士)
  会社連絡先:042-659-0868
  携帯連絡先:080-3301-8936
  環境計量士
  第一種放射線作業環境測定士

環境保全㈱ 東京支社 担当地域(関東甲信、東北)

 担当者:奥山 芳徳(温泉管理士)
  会社連絡先:042-660-5979
  携帯連絡先:080-3301-8959
  薬剤師
  第一種放射線作業環境測定士
  建築物環境衛生管理技術者

環境保全㈱ 北陸支社 担当地域(北陸、東海、四国)

 担当者:奥山 雅敬(温泉管理士)
  会社連絡先:076-493-1601
  携帯連絡先:080-3301-8933
  薬学部卒
  建築物環境衛生管理技術者

 担当者:永田 伸一(温泉管理士)
  会社連絡先:076-493-1601
  薬剤師
  第一種放射線作業環境測定士

環境保全㈱ 九州支社 担当地域(九州、中国、四国)

 担当者:西村 高明(温泉管理士)
  会社連絡先:0952-75-4936
  筑波大学大学院卒(環境科学専攻)
  環境計量士

温泉地域の地質調査の紹介

環境保全㈱ 東京支社 担当地域(全国)

 担当者:三瓶 清晴
  会社連絡先:042-660-5979
  携帯連絡先:080-3301-8935
  地質調査技士

その他の分析においても、計量証明事業登録機関で培った分析技術によって
迅速に対応しております。