よくあるご質問

環境保全株式会社についてお客様から寄せられるよくあるご質問とその回答を掲載しています。
このページで解決しない場合は、お問い合わせフォームまたはお電話にてお問い合わせください。

分析、調査を依頼するにはどのようにすればいいですか?
ホームページ上に御座いますお問い合わせフォームまたはお電話で対応させていただきます。ご不明な点はお問い合わせください。
支払方法は?
銀行振込又は現金でのお支払いとなります。なお初めて又は、数年ぶりにご依頼いただくお客様に限り、結果報告書お渡し前のお支払いをお願いしております。
また期限につきましては請求書に振込期日が記載しております。
分析、調査結果について説明していただけますか?
説明を希望される方はお問合せください。担当者が説明いたします。
分析終了後、検体廃棄してほしいのですが・・・
飲料水や排水等は、ご依頼の際に、特別の用件が無い場合は、当社で廃棄致します。
土壌や産業廃棄物等につきましては、基準値超過等が判明した場合、協議させていただく場合もございます。
なお、絶縁油のPCB分析に検体に関しましては、基準値超過等が判明した検体は返却させていただいております。
分析、調査結果が出るまでの期間は?
項目、内容によって異なりますが、一般的な項目であれば4日~2週間程度です。詳しくはお問合せください。
分析結果の欄に「N.D.」と書かれていますが、どういう意味ですか?
Not Detectedの略で、不検出を意味します。検出限界値未満であったということです。
計量証明書や報告書の分析結果に「~未満」や「不検出」と記載がある場合について
「~未満」とは、試験結果が定量下限(定量が可能な最小値。定量限界という場合もあります)を下回った場合に「(定量下限値)未満」と記載します。
分析機器で分析できない限界値を意味します。 「不検出」とは、法の基準値が検出されないこと、と定められている項目のみ、法で定められた方法で測定した結果が定量下限を下回った場合に記載し、定量下限値も併記します。
労働基準監督署から作業環境測定の指導等を受けたのですが測定依頼は可能ですか?
作業環境測定に関わるの業務を行う作業場については、項目によって決められた期限内に作業環境測定士が測定を行う必要が労働安全衛生法、作業環境測定法により義務となっております。
作業環境測定士が、作業場に実際に出向き、作業内容・使用物質等をお伺いし、作業場のデザインをした後、測定内容をご提案(見積書の作成も同時に行います)致します。
アスベスト分析で定性と定量の違いはなんですか?
定性分析はアスベスト含有の有無を分析になり定量分析は含有し含有率を確認するための分析方法になります。
アスベスト分析技術の精度はどれくらいですか?
社)日本作業環境測定協会が実施している石綿分析技術精度クロスチェック事業において、難易度が高いAランクを取得者が在籍しています。
建材中又は空気中の測定などご相談ください。
土壌汚染対策法に基づく調査が必要な時はどんなときですか?
主に3つの場合があります。

1.義務による調査(法第3条調査)
水質汚濁防止法と下水道法に定められた有害物質を取り扱ったことのある特定施設を廃止する時。

2.3,000m2以上の土地の形質変更を行うとき(法第4条調査)
形質変更の届出を行い(届出義務)、都道府県知事が汚染のおそれがあると認めたとき

3.命令による調査(法第5条調査)
土壌汚染によって人の健康被害が生じるおそれがあると都道府県知事が認めたとき

その他、土壌ガス調査、地下水調査、土壌溶出量調査など各種対応しておりますのでまずはお問合わせください。
シックハウス測定でのアクティブ法とパッシブ法の違いは?
アクティブ法とは、定量の電動吸引ポンプを用いて強制的に空気を吸引し、空気中の化学物質を捕集剤(サンプラー)に捕集する方法です。
パッシブ法とは電動吸引ポンプは使用せず一定時間吸着剤を室内に放置して捕集する方法になります。
また金額面でもパッシブ法は、アクティブ法に比べて設置、回収の作業が少なく若干価格が下がります。
Contact

サービスに関するご質問やご依頼は
以下よりお気軽にお問い合わせください